秋に収穫した生芋は工場に運ばれ、洗浄のあと薄くスライスされ、火力乾燥機にかけ切り干しになります。
切り干しをさらさらの美しい粉に二次加工します。
適量の水に精粉(こんにゃく粉)を入れ、よく練ってしばらくおきます。
さらに水酸化カルシウムなどを加えます。
水酸化カルシウムにはこんにゃくを固める作用があります。
よく混ぜあわせ型に入れて固めます。
最後に熱湯でゆでてアク抜きをすると、こんにゃくの完成です。
トップページ - 組合概要 - 組合員紹介 - こんにゃくの歴史 - 健康とこんにゃく - こんにゃく料理 - こんにゃくの製造工程
奈良県蒟蒻協同組合■info@konnyaku-nara.or.jp